Return to site

かもめ児童合唱団 12:55〜

かもめ児童合唱団 12:55〜

かもめ児童合唱団は三浦市の声楽家、小島晁子先生によって約45年前(1972)に三崎で結成されました。

当時は鮪の水揚げの基地として大変な賑わいだった三崎で、100名もの子供たちが参加していたそうです。

2008年に現在ミサキプレッソとミサキドーナツを運営する音楽プロデューサー、藤沢宏光と出会いCD作品の制作が始まりました。

2008年10月に最初のCD作品「城ヶ島の雨/あなたが美しいのは」を発表しました。

その翌年2009年、第2弾のCD作品「トラベシア/三崎の歌」を発表し、ミルトン・ナシメントを歌う子供たちについて音楽業界や映画業界で話題になり、2010年5月に1STアルバム「焼いた魚の晩ごはん」をリリースしました。

2013年に日本テレビ系列のドラマ「泣くな、はらちゃん」の劇中歌「私の世界」を歌い音楽配信サイト(レコチョク)でAKBなどを抜き1位になりました。その後、ポップアーティストの「ゆず」やカリスマロックアーティスト「坂本慎太郎」らとのコラボレーション作品が続き、

2016年1月に2NDアルバム「インターネットブルース」をユニバーサルミュージックからリリースしました。

2016年5月にはHMVrecordshopから7inchレコード盤「インターネットブルース/以心電信」をリリース。

2016年8月にはJETSETから12inch(LP盤)レコード「インターネットブルース」をリリース。

そして2017年1月に7inch(EP盤)レコード「Ex fan des sixties/すばらしいさよなら」をリリース。(表題はジェーンバーキンのカバー曲)

こころの綺麗な子供を育てたい。

「人のために何か出来ることがあるはず」。

そんな気持ちを持った人たちがこれからの社会を支えてゆくのではないかと思います。

この子達がやがて大人になって子供の時代に出会ったものや、学んだことを大切にし、いつかはふるさとの為に役に立てる人になりたいと思ってもらえたら。

子供たちの歌声は特別な輝きを持っています。

社会を風刺した歌も、恋の歌も伸び伸びと歌うことで新しい命が生まれます。

どうかこの子達の歌声に心からの拍手をお願いします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly