Return to site

かもめ児童合唱団

Day. 2

かもめ児童合唱団

泣く子も黙る?かもめ児童合唱団。

声楽家、小島晁子先生により三崎にて1972年に結成されました。

2008年よりCD制作を始め、現在までにアルバム「焼いた魚の晩ごはん」や「インターネットブルース」など多数の作品が発表されています。

少子高齢化が進み、新しい産業もなく、斜陽の極みのような三崎の町に、4歳から13歳までのメンバーで構成されるかもめ児童合唱団のまっすぐな歌声は、明るくそして切なく響きます。

北原白秋の100年前の唱歌も、現代社会の悲哀を歌った歌も、淡い初恋の歌も、子供たちにとってはすべてが新曲です。

子供の時代にふるさとで「誰と出会って、何を学んだか」それが大切。

やがて子供たちは大人になって、ふるさとを離れることがあっても、子供の頃の楽しかった思い出があれば、いつかはふるさとに帰って何かの役に立ちたいと思ってもらえるかもしれません。

かもめ児童合唱団の活動にはそんな願いも込められています。

「池子の森の音楽祭2018」では、現在制作中のニューアルバムから未発表の新曲も歌います。

大きな拍手でお迎えください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly